yudongoの日記

yudongoの日記

お勉強の成果を披露したい雑記ブログ

【比較広告】過激すぎ!?企業の面白い対決CMランキングベスト7

スポンサーリンク

f:id:yudongo:20190318061257p:plain

(2019/04/09:リンク切れがありましたので修正しました)

 

こんにちは、ゆどんご(@yudongoyeah)です。

 

日本ではあまり表立って企業同士が争うのを良しとしないためか、企業同士が争う宣伝広告(比較広告)ってあまり見ませんよね。

 

でも、海外ではバチバチと火花散らせるライバル企業同士の比較広告は多く見られ、中にはやりすぎ!?と思われるも見ていてクスッと笑える面白い広告もあります。

 

そんな笑えておもしろい比較広告CMを面白い順にランキングにまとめましたので紹介します。

 

 

7位:マクドナルド V.S バーガーキング

www.youtube.com

まずは、王者マクドナルドがバーガーキングを煽ったCMです。

 

最寄りの店舗をお知らせする長ーいバーガーキングの立て看板。 

しかし最寄りの店舗は258kmも先。

直線距離にしてざっくり東京から名古屋くらいまでの距離ですね(マジかよ)

 

0.2km先を左折、その後1.3km先を右折・・・と、複雑で遠すぎる道案内を看板に掲載しています。

 

対してマクドナルドは、その長い立て看板の横にとてもシンプルに看板を出してきます。

最寄りの店舗まで5km直進、と。

 

バーガーキングの店舗数とアクセスの悪さを盛大に皮肉ったCMですね。

 

そして、面白いのはこのCMに対してのアンサーCMをバーガーキングが出してきたことです。

www.youtube.com

冒頭はマクドナルドが公開したCMと同じですが、バーガーキングはドライブするカップルのその後を追っています。

 

5km先のマクドナルドの看板を頼りに、マクドナルドへと寄ったカップル。

結局マクドナルドに行くの!?と思いますが、そこで買ったのはコーヒーのみ。

 

そのコーヒーを片手に、残り255km先のバーガーキングまでドライブしてワッパーを食べに行くというのがこのCMです。

 

マクドナルドがあちこちに店舗を作ってくれたから、ワッパーを食べるまでに快適なドライブが出来たよ。

そしてバーガーキングのワッパーは長距離のドライブをしても食べに行く価値があるんだよというアンサーCMでした。

 

企業同士のじゃれ合いにも見えるのが比較広告の面白いところですね。

 

6位:Mac 対 Windows

www.youtube.com

PC君(Windows)と、Mac君が出てきます。

PC君はどこかビル・ゲイツを思い起こさせる風貌ですね。

 

どちらもホームムービーをちょうど取り終わったとのことで、お互い見せ合うことになりした。

 

Mac君のホームムービーはとても美しい。一方、PC君のホームムービーはというと。。。 

 

Macのホームムービーは簡単でキレイな映像がつくれるという比較広告でした。

 

ちなみに、MacとWindowsの比較広告は日本バージョンも作られており、ラーメンズが出ています。

www.youtube.com

日本だからか、全体的に少し表現がマイルドになっていますね笑

 

5位:ゲームギア 対 任天堂

www.youtube.com

早すぎたんだよ。。。でお馴染みのセガの比較広告です。

 

セガのCMだと言うのに少年が遊んでいるのはゲームボーイ。

でも少年はどこか不満そうでいきなり自分の頭を殴り出します。

 

そして頭がイッちゃったのかカラー画面になるゲームボーイ。

そんなことをしなくてもゲームギアなら元々カラーだぜ!という比較広告でした。

 

セガはもちろん日本企業ですが、海外向けのCMとなるとやっぱり広告戦略も変わるんですね。絶対に日本では流せない(確信)

 

4位:コーラ V.S ペプシ

www.youtube.com

キレッキレのダンスで踊るMC Hammer。

 

MC. Hammerが飲むはずだったペプシコーラと、コカ・コーラをこっそりと入れ替えて飲ませてしまうとそのキレッキレのダンスは・・・?

 

完全にコカ・コーラに喧嘩を売りに行ってますね笑

王者コカ・コーラに対して、ペプシコーラは常に挑戦者というブランドイメージであるからこそ、この比較広告は成り立つのかもしれません。 

 

3位:Apple V.S サムスン

www.youtube.com

ベゼルレス化によって大画面化を実現した革新的なiPhoneⅩですが、ひとつだけ欠点がありました。

それは、iPhoneⅩには画面上部にノッチが残ってしまっていること。

このノッチを最大に皮肉ったのがサムスンが公開したCMです。

 

新しいiPhoneを買いに来た客が、ノッチは映画を見るときに邪魔だなあ・・・とこぼします。

Apple Storeの店員(かなりそれっぽい笑)が、フルスクリーンに切り替えることなどを提案しても、それでもまだノッチが邪魔だと不満げな客。

そのうち馴れるよと少々強引におすすめする店員ですが、店員と客をじっと見続ける人たちが・・・

 

衝撃のラストです笑

 

2位:アウディ V.S ベンツ、ボルボ、BMW

他の比較広告と違い、他者の車をけなしてはいないのですがセンスが光っていたのでランクイン。

www.youtube.com

車に何を求めますか?の文字から、各社のキーが並べられていきます。

 

アルファロメオ:design(デザイン)

メルセデス:Comfort(快適性)

ボルボ:Safety(安全性)

BMW:Sportness(スポーティーさ)

 

そして浮かび上がるのは4つの輪で出来たアウディのロゴマーク。

1台の車だけですべてこれらは実現できますよ?と。これはしびれますね。

 

シンプルかつ上品に、アウディをアピールをするキレイな構成でした。

 

また、AudiとBMWは特に競争意識が強く、CMではありませんがポスターでもバチバチやりあってます。

matome.naver.jp

最後に美味しいところを持っていくスバルと、流れを完全に無視する王者ベントレーがずるすぎる。

 

1位:マクドナルド V.S バーガーキング

www.youtube.com

こちらも長年の因縁がある2大ハンバーガーチェーンの比較広告です。

マクドナルドがドイツで公開したこのCM。

 

少年がマクドナルドを食べているといつも他の少年たちに奪われてしまいます。

そこで少年が取った秘策とは。。。?

 

ど直球のバーガーキングへのディスで、思わず笑っちゃいました。

マクドナルドはみんな奪っていくのに、バーガーキングの袋に包むだけでみんな見向きもしない。

 

マクドナルドの方が世界的に圧倒的に強いのに弱い者いじめはいかんですよ笑

 

まとめ

面白い比較広告のランキングベスト7でした。

日本では流せないだろうなあというCMが多かったのですが、日本でも作ってみてほしいですね。

 

TOYOTA V.S 日産 とか、SONY V.S 任天堂、ANA V.S JAL とか見てみたいです。